飼い主が小型犬にきちんとした専用ハーネスを使うことの重要性

ハーネスは胴輪と言い換えると、どのようなものかがわかりやすいです。犬を連れて歩く際などには首輪をつけ、その首輪にリードをつける、と言う流れを想像することが多いかもしれません。しかし首輪にはないメリットが、こちらではいくつか挙げられます。まず首輪とは異なり、気管支に対しての負担が少ないと言う点です。気管支は、特に小型犬、老犬は弱い傾向にあるので、そのような犬に対してはこちらを使うことに大きなメリットがあります。それから首輪とは違い、すっぽりと抜けてしまう可能性が低いと言うのもメリットです。家の中など、首輪が抜けてしまった犬が走って行っても、すぐに捕まえられる場所であれば良いですが、これが広い屋外、人がたくさんいる場所であれば大変なことです。よってそうしたトラブル予防にも、一定の効果が期待できます。

小型犬に専用ハーネスを使う重要性~制御のしつけに役立つ

首輪とは異なり、負担をかけることなく犬の行動を制御できるのが、この道具の特徴です。加えて小型犬の内から、犬に対して制御を覚えさせると言うのは、とても重要なことです。いくら散歩だからと言って、犬の思うままに行動させていると、犬に主導権を握られてしまいます。そしてそれは犬の奔放な行動、迷惑行動につながってしまう恐れもあるからです。こうした行動は、普段でも他者や他の犬に迷惑をかける可能性が高いですが、特に災害時などにおいては更にトラブルやアクシデントを引き起こす要因になってしまう恐れもあります。そうしたことを防ぐためには、飼い主の求めに応じて制御ができるようにしつけておくことが必要で、そのためにはこの道具を利用してしつけを行うことが求められると言うことです。これを利用すれば、日頃の散歩からしつけを行うことができるので便利です。

小型犬に専用ハーネスを使う重要性~首や背中の保護にもなる

体が小柄な犬種においては、椎間板ヘルニアや関節系の疾患が引き起こされやすい傾向にあります。そのため日頃から首や背中などを守ることが必要です。このためには、この道具は一定の役割を果たすことが期待できると言うのも、この道具を使う重要性の理由のひとつです。特にこの役割が発揮されるのが、自動車に乗せた際です。自動車に乗せた際には、ヘッドレストにリードを通して車内に犬を繋ぐのがベストだと言われています。そしてこの際、首輪ではやはり無理があり、急ブレーキなどの際には一大事になってしまうことも考えられます。しかしハーネスであれば、無理なくリードを繋ぐことができますし、もし、急ブレーキなどを踏んだ時でも、犬の体にかかる負担を最低限に抑えることができます。リスクが高い傾向にあるからこそ、それを少しでも低くするためにはこの道具を使うことが重要です。